名もない花なんてものはない ブックライブ 読む 電子書籍 オススメ

BookLive「ブックライブ」の名もない花なんてものはない無料試し読み


期末テストが終わった七月七日、駐輪場にとめていた自転車のスポークにアゲハの幼虫が挟まっていた。高校二年生の千花は、隣のクラスの山崎の力を借りて、幼虫を救出する。これをきっかけに山崎に惹かれていく千花。作品は、千花と友だちのナオ、小夜子、そして山崎との交流を描いていく。そして、文化祭が近づいたある日、千花は山崎から、小夜子が気になっていると告げられ、ショックのあまり学校を休んでしまう。ひと夏の女子高生の心の動きを描いた作品。「第14回坊っちゃん文学賞」大賞受賞。選考会では以下のように評された。「作者は自分の高校生の頃の間隔を思い出しながら、この作品を書いています。自転車のスポークにアゲハの幼虫が挟まっていた、という出だしのシーンはとてもみずみずしいものです。心の地層の様子が手に取るように見えます」「女子高生たちの友情物語。時代を超えて共感できる。女の子たちの繊細な感受性が描かれていた」「第14回坊っちゃん文学賞」大賞受賞作。電子書籍として2016年5月に刊行。
続きはコチラ



名もない花なんてものはない無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


名もない花なんてものはない詳細はコチラから



名もない花なんてものはない


>>>名もない花なんてものはないの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」名もない花なんてものはないの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する名もない花なんてものはないを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は名もない花なんてものはないを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して名もない花なんてものはないを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」名もない花なんてものはないの購入価格は税込で「463円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




漫画をたくさん読みたいのなら、コミックサイトが重宝するはずです。決済方法も楽々ですし、最新本を買い求めたいということで、その度毎にお店に行って事前予約を入れることも必要なくなります。
サービスの詳細については、各社それぞれ異なります。そういうわけで、電子書籍をどこで買い求めるのかというのは、比較すべき内容だと思います。あっさりと決めてしまうと後悔します。
いつでも無料漫画が読めるということで、利用する人が増えるのは当然だと言えるでしょう。店頭とは異なり、人の目を気にすることなく立ち読みができるというのは、電子書籍だからこその良い所だと言っていいでしょう。
老眼が進んだために、目から近いところが見えづらくなってきたという読書が生きがいの高齢の方には、スマホ上で電子書籍を読むことができるというのは、大いに意味のあることなのです。文字のサイズを変更できるからです。
スマホを使っているなら、BookLive「名もない花なんてものはない」を手軽に閲覧できます。ベッドに横たわりながら、眠くなるまでのリラックスタイムに見るという人が少なくないそうです。





名もない花なんてものはないの情報概要

                    
作品名 名もない花なんてものはない
名もない花なんてものはないジャンル 本・雑誌・コミック
名もない花なんてものはない詳細 名もない花なんてものはない(コチラクリック)
名もない花なんてものはない価格(税込) 463円
獲得Tポイント 名もない花なんてものはない(コチラクリック)


ページの先頭へ